ホームクロニクルホワイトクロニクルナポリの元ナトバニョリ、地域はコンサート、映画、ディスコ、劇場で生まれ変わり

ナポリの元ナトバニョリ、地域はコンサート、映画、ディスコ、劇場で生まれ変わり

元生まれの基地

ナポリのかつてのNato Bagnoli基地は、野外映画館、ディスコ、劇場、その他たくさんの多目的エリアの生活をもう一度体験するでしょう。

復活させる元NATO基地 コンサートやセットに特化したエリアで? これが以前のNATO基地で起こることです ナポリのバニョーリ6月から劇場や家族のための利用可能なスペースになります、San Laise公園で。

2012によって廃止軍事基地がラゴパトリアに移転した後、この地域は今や娯楽産業の様々な事業者が彼らの利益をまとめることを可能にする理想的な場所であるように思われます。 音楽から始めて、映画を通り抜けて、利用できる非常に多くのオプションがあります。

これをすべて可能にするのは、まだ正式にはなっていないが、次のような有名な音楽監督の作品です。 Peppe Gomez、Lele Nitti、Sigfrido Caccese、そしてPalapartenopeの後援者 リノマナコンサートのための新しい空間を創り出すことができるという意図で一緒に参加しました、しかしそれだけではありません。

新聞からわかるように 4つのパートナーが協力している名前 パトリツィアスタシ、Banco di Napoli財団のチャイルドケア財団の会長、彼らは野心的なプロジェクトに寄付をしたかったのです。 元ベース。 実際には1つの大きな多目的スペース広告になります 無料入場 (もちろんメインコンサートは除く) 屋外映画パルコ, オープンディスコ 毎週土曜日の夜 劇場.

後者に関しては、特に、1つは進水しました 呼び出し、10番目の自治体との合意により、6月と7月のプログラミングの機会に実行することができる彼ら自身のオリジナル作品を提案することを目的とした芸術家または野心的な演劇、ダンス、音楽の芸術家。

絶対的な初心者だけでなく、すでに知られている。 6 6月は、実際には、のターンになります Luche、元Co'Sang、23 6月 カールブレイブ.

この投稿を評価する
[投票:2メディア評価:4 / 5]
Napolike Turismoへの接続のバナー