ホーム文化プラネット・ファウンデーションでのナポリのショーでのブルノ・ムナリ:光の色

プラネット・ファウンデーションでのナポリのショーでのブルノ・ムナリ:光の色

ナポリのPlart Foundationで展示されたBruno Munariによる偏光ライトスライド

ナポリのPlartには、光で描かれたイタリア最大のデザイナーの一人であるBruno Munariによる固定光投影と偏光投影が展示されています。

アラ ナポリの植物園財団 この展覧会は昨年11月に始まった29 2018 Bruno Munari。 光の色Miroslava HajekとMarcello Francoliniによってキュレーションされ、20世紀のアートシーンの主役の一人である有名なイタリア人デザイナーの最も興味深い作品にインスパイアされています。 展覧会は訪問者に開放されます 月20 2019まで、.

Plart Foundationと協力して、Donnaregina現代芸術財団が主催するこの展覧会は、2018版の プロジェクトXXI、プラットフォームはそれを通じて財団2012 Donnareginaは、過去数十年の芸術の生産を新興分析し、最も重要なプラクティスを普及し、現代的な代替案の物語と歴史学を生成するために求めて探ります。

Bruno MunariによるナポリのPlartでの展示

ブルーノ·ムナーリ 彼は有名なミラノのデザイナーとライターであり、 プログラムされたキネティックアートの主人公の1人 イタリアの20世紀のアートシーンの最大の指揮者のひとりです。 彼の最も興味深い芸術的研究の中で、 仕事の2次元の現実を超えた新しい空間の征服の実現を通じて表現される 「固定光投影」「偏光投影」は、、最後の世紀の50年代に実行されます。

両方の「投影」において、 ムナーリは彼を実証する プラスチック材料への関心 彼らは、変数色彩効果を決定するので、スペースとの関係では、ビジュアルコミュニケーションの基本的な要素を考慮。 「突起ダイレクト」プラスチックの「偏波突起」に、光が投資するために、その色に応じて使用されるが、プラスチックは、光から色を抽出する手段です。

ナポリで初めて それらはPlartで展示されています ブルーノ・ムナリの旅の最も重要な段階を代表する作品 2次元からの出口に向かって進む。 それらの間 役に立たない機械 (1934) 触覚テーブル (1938) 不整脈装置 (1947) 凹凸。 ポイントオブライト (1947)。

ブルーノ・ムンナリによる「投影絵画」の誕生

ブルーノ・ムナリの「投影された絵画」は1950で生まれました。、彼は彼が呼んだ投影を使って "光を描く"という芸術を非物質化しようとしたとき 「直接投影」。 彼らは、有機材料、透明で着色されたプラスチックフィルム、絵画、スクリーン、2つのスライドの間で停止し、建物のファサードの屋内または屋外に投影された綿糸を備えた組成物から成り、モニュメント性を感じ、前例のない3次元的かつ普及した作業の空間性。 1953 Munariは、ポラロイドレンズを通した光のスペクトルの分解を初めて開発した彼の研究の高さに着きました。 こうして生まれた 「偏光投影法」 ダイナミックかつ絶え間なく変化する絵画の未来派のユートピアを実現するために彼は管理しています。

展覧会に関する情報 Bruno Munari。 光の色

いつ: 30 11月2018から20 3月2019へ

営業時間:

  • 火曜日から金曜日までの10:00から13:00と15:00から18:00
  • 土曜日から10:00から13へ:00

価格チケット:無料エントリー

ここで: マルトッチー・ナヌス、ネープルズを経由したプラート財団

カバー写真: ブルーノ·ムナーリ, 偏光ライトスライド、1953、様々な材料。 礼儀Miroslava Hajek - 詳細

この投稿を評価する
[投票:0メディア評価:0 / 5]
Napolike Turismoへの接続のバナー