ホームイベントオープンポート:ナポリの音楽と比較して渡りの流れの管理

オープンポート:ナポリの音楽と比較して渡りの流れの管理

ナポリの日

ナポリの海上ステーションでは、音楽とストリートアートを使ったプログラムでの渡りの流れの管理に関する対話を持つ "Porti Aperti"の日があります。

木曜日19 July 2018ナポリ 一日を捧げる 開放港と渡り流をテーマにした議論と対話このイベントのおかげで、地球! #ポートを開く」。 それは ナポリ港マリタイム駅 ナポリの都市が主催しています。ナポリは、この重要なイニシアティブを意識して、多くのゲストの存在を知らせるために考えています。 これらの中で、 バルセロナの市町村, 緊急, セーブ・ザ・チルドレン Sant'Egidioの共同体です。

朝から夕方にかけて、多くのゲストが来るでしょう。 渡りフローの管理、 'は歓迎同棲。 これは、労働組合、協会、行政、第3セクター、ムーブメント、NGO、民間人を巻き込むフォーラムです。

一日中のプログラムでは、 より公正な、多文化性と支持的な世界、また、 ストリートアートコンチェルト al アンジュ.

主題表に参加するには、 記事の最後に記載されているサイトに登録するために必要.

その日のプログラム「ポートを開く」

9,00で開始

  • 参加者登録/プレス認定

10,00 13,00の午後

テーマテーブル:

  • 国内法:実際、担保損傷や予防ツールと移住の流れの管理に関する契約、レセプション、市民権、亡命および国際的な保護、送還、ヘルスケア、社会的統合や就職の権利の認識;
  • 私たちが好きな同棲 "!:良いコミュニティの実践、歓迎と異文化間の比較;
  • 複雑さを伝え:健康的なナレーションを促進し、移行プロセスと異文化間の自由な共通言語を構築するための方法、技術およびツール

12,00で開始

  • Via Marinaに沿った通りアートオペラ

14,30 16,30の午後

主題表

  • 全体会議で共有され確認された午前中に行われた作業の復旧とプログラム文書の定義。

17,00 18,00の午後

  • "ポートと心を開いてください。 人権祭のダニロ・デ・ビアジオ(Danilo De Biasio)監督による「移住に関する法律と伝説」。 スピーカーElly Schlein、Farid Adly、Fulvio Vassallo Palaeologus、Salvatore Palidda、TizianaBarillà

18,30 21,00の午後

  • 公衆総会/総会
  • 主題表の間に行われた作業の共有
  • 主題に関する情報や議論:人権の国際および欧州の法律、海での捜索救助の操作、ダブリン規則の改正、違反
  • 結論:地中海連帯都市における異文化共生のプロセスと人権の保護のためのコミットメントの宣言を共有する。

22,00で開始

アンジュ:Mujeres CreandoとYara Bravoがコンサートで

その日のゲストは "ポートを開く"

ボタンをクリックしてリストを展開します。

国際および国内参加者のリスト

バルセロナ市議会、レッジョカラブリア、パレルモの市、プロチダ市、アモロッシ市、コムーネディChiusano、MSFの市 - 国境なき医師団、緊急時、セーブ・ザ・チルドレン、EDI、アムネスティ・インターナショナル、アクションエイド、オックスファム、Proactivaオープンアームズシーウォッチ、海の目、イタリア、SOSメディテラネ、InterSOS、ASGI、テール・デ・オム、GVC、ヨーロッパ、ようこそ難民、LasciateCIEntrare、アラーム電話へのプロジェクトメルティングポットヨーロッパへようこそ福音教会の使命ライフライン地中海Hope_Federazioneは、見ますメッド、Cidis Onlus、Associazione3febbraio。 民主弁護士協会、協同マファルダ、LESS企業の社会的協同組合Onlus Dedalus、LTMグループ信徒第三世界、Sant'Egidioのコミュニティ、DEMAS、例OPGのJeので「Pazz、イスラム共同体、Insurgencia、CGIL、協会のトーマス・サンカラ。

その日の情報「ポートを開く」

いつ:19 July 2018

場所:ナポリ・マリタイム駅(Maschio Angioinoでの最終イベント)

時間:9.00 24.00から

価格:参加| 主題表に参加する必要がある サイトに登録

コンタクト: Facebookのイベント

この投稿を評価する
[投票:0メディア評価:0 / 5]
Napolike Turismoへの接続のバナー