ホームクロニクル公共交通機関とCovid:新しいガイドラインは次のとおりです

公共交通機関とCovid:新しいガイドラインは次のとおりです

バスのマスクを持つ人々

コロナウイルスからの感染を制限するために地元の公共交通機関で尊重されるガイドライン:最大収容人数、距離、衛生に関する情報。

読み込んでいます...

それはそうだった 地元の公共交通機関が従わなければならないガイドラインに関する合意を承認した この期間に コロナウイルス緊急事態。 統一会議によって承認された表示には、すべてのユーザーの保護におけるCovid-19の拡散を制限するために尊重されるすべての組織的対策が含まれています。

最も重要な決定には、 公共交通機関の容量の80%以下の尊重、場合によっては最大100%増加する容量。 ただし、 他の要因 考慮される、常に安全な状態で。

一緒に見てみましょう。

学校やオフィスの開設を考慮した公共交通機関とコービッド

統一会議の決定は何よりも考えられていた 学校の再開の そしてオフィスの営業時間の延長。

のための手段の使用を奨励することに加えて 持続可能なモビリティ、自転車や電気自動車のように、公共交通機関では、それらも使用できることが期待されています 第三者が使用する車 特定のサービスを委託することによって。

許容最大容量

すでに述べたように、地方交通機関の公共交通機関、地域の鉄道輸送車両、学校交通機関用のスクールバスの最大収容人数 80%を超えてはなりません。 立っている場所が少なくなり、座っている場所が優先されます。 この値は、 空気交換システム 一部の車両には外部からの空気の使用を伴う空調システムがあるため、古い世代の路面電車では窓を永久に開いたままにすることができます。

許容最大容量 フィルタリング付きの空調システムがある場合、80%を超える可能性があります CTSによって以前に承認された換気。

最大の充填を容易にするために、いくつかのケースでは シート間の取り外し可能な分離.

距離と可能な自己宣言

に関連して XNUMXメートルの社会的距離同じ住居に住んでいる人同士なら必要ありません、親戚、安定した対人関係を維持している人々。

これらの対策の可能な違反を確認するには、自己宣言.

各輸送手段には、 ゲル溶液付きディスペンサー 手の衛生と輸送のために、企業は正しい使用法と効果を説明するために明確なコミュニケーション形態を開発する必要があります 個人用保護具.

この投稿を評価する
[投票: 0 メディア: 0/ 5]



Napolike Turismoへの接続のバナー