ホームクロニクルコロナウイルス、ドローンを使用した市民の動きの監視

コロナウイルス、ドローンを使用した市民の動きの監視

ドローン

完全なコロナウイルス緊急事態での人口の動きを監視するための無人偵察機の使用に関する公式の認可が行われます。

国家民間航空機関(ENAC)、の使用を許可しました ドローン cercare diあたり すべての動きを監視する 国の領土に関する市民によって作られました。

この選択は、緊急事態に対処しようと意識的に行われた コロナウイルス そして、この病気の伝染の拡大を封じ込めようとします。

ドローン

それは確立されました 3 4月2020まで 法執行機関は無人偵察機を使用して、住民による動きをより簡単に制御できるようになります。

ENAC また、特別な許可を発行する必要なしに、無人機の影響のリスクにさらされる可能性のある人口の少ない都市部でもチェックを実行できることも付け加えています。

ある地域でも 民間空港の近く、「赤いエリア」として識別され、車両はXNUMXつずつ飛ぶことができます 最大高度15メートル.

この場合、所有者は最初にXNUMXつを提供する必要があります 管制塔との通信 空港の。

コロナウイルス

現在 イタリア政府 すべての市民がいくつかの重要なルールを遵守する必要があることを確立しました 家を捨てないで 買い物、薬局への行き方、健康上の理由など、絶対に必要でない場合。

残念ながら、しかし、まだ多くの これらの単純なルールを尊重しない人 そしてそれは全人口を危険にさらしました。

この投稿を評価する
[投票:0平均:0/5]
Napolike Turismoへの接続のバナー